日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肘は単なる疲労も…マー君は今季中復帰に向け“突貫工事”

 右肘の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が主治医からお墨付きを得た。

 ヤンキース・ジラルディ監督は2日(日本時間3日)、田中が1日に本拠地ヤンキースタジアムでチームドクターのクリス・アーマド氏の診察を受け、「腕の疲労」と診断されたと明かした。併せて15日間のDLから60日間に移したことも発表した。これは患部が悪化して完治が長引くからではなく、9月のロースター(登録枠)拡大に伴い、マイナー選手をメジャー昇格の前提となる40人枠に登録するための措置だ。

 この日の田中はレッドソックス戦を前にグラウンドで約20分間、最長50メートルの距離でキャッチボールを行った。変化球を織り交ぜるなど、患部に異常がないことをアピールした。

 ジラルディ監督は「検査の結果はすべて異常なしだった。単なる疲労だったのでホッとしている。今週中にブルペンで投球練習を再開できる見込みだ」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事