MF陣に負傷者続出 ドルト復帰の香川にかかる大黒柱の重圧

公開日:  更新日:

 古巣ボルシア・ドルトムントに3季ぶりに復帰した香川真司(25)が、いきなり正念場に立たされそうだ。

 ドイツ各紙の予想では、香川の“再デビュー戦”は13日に行われるブンデスリーガ第3節フライブルク戦(ホーム)になりそうだが、途中出場での試運転どころか、先発出場が確実。しかもブンデスリーガの公式サイトが10日、「香川が救世主」とブチ上げるなど、日に日に香川に対する周囲のプレッシャーが大きくなっているのだ。

 香川に期待が集まる理由は、ドルトムントMF陣の相次ぐ負傷だ。チームエースのドイツ代表ロイス(25)が、ユーロ2016予選のスコットランド戦で左足首じん帯を部分断裂し、4週間の離脱。ブワシュチコフスキ(29)も肉離れで4週間離脱が決まったばかり。

 香川のライバルと目されていた同じ復帰組のシャヒン(26)も、当初3週間と診断された左膝の負傷が重傷で9月初旬に手術、復帰は早くて2カ月後といわれる。香川を「親友」と呼ぶギュンドアン(23)も6月に手術した腰の負傷が癒えず、フライブルク戦の欠場が決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る