英紙は最低評価…“戦力外”香川でマンU「15億円」の大損失

公開日: 更新日:

 3部リーグのミルトンキーンズとのカップ戦(26日)に先発したマンチェスター・ユナイテッドFW香川真司(25)。

 先発して8分に相手選手と接触して脳震盪を起こし、20分でプレー続行不可能と判断されてベンチ送り。試合後、地元デーリーメール紙・電子版から「最低評価4」を付けられてしまった。

「プレミアリーグ2節・サンダーランド戦後、ファンハール監督から『(リーグ開幕前の)米国遠征でカガワを試したが、ワタシのサッカー哲学と希望を満足させることは出来なかった』という言い回しで事実上の戦力外通告を受けた。リーグ戦2戦連続ベンチウオーマーの香川は3部相手とはいえ、欧州トップレベルにあることを証明するチャンスだった。しかし、失地回復に失敗し、これからは飼い殺しの運命が待ち構えている」(サッカー記者)

 マンU2年目の昨季、モイーズ前監督に冷遇され、出場機会が激減した上にブラジルW杯では絶不調の極致。「カガワは終わった」と評価は急落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  10. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る