香川は今季も冷や飯? マンU「背番号26」の呪われた歴史

公開日: 更新日:

 マンチェスター・ユナイテッドが、プレミアリーグ開幕戦(現地16日)で、まさかの敗戦を喫した。本拠地で行われたスウォンジー戦。後半8分のFWルーニーの同点オーバーヘッド弾もむなしく1─2でタイムアップ。地元開幕戦の敗戦は72年以来、42年ぶりの屈辱である。

 ベンチスタートの日本代表FW香川真司(25)は、90分間ベンチを温め、FWナニ、MFフェライニの攻撃系選手が途中出場する姿を見送るしかなかった。

 もっとも、開幕戦のベンチ入りはFWファンペルシーとウェルベック、MFバレンシアとキャリックの戦線離脱のおかげ。むしろベンチ入りできたことを喜ばないといけない状況だ。なぜなら、自身の実力不足とブラジルW杯前から不調を引きずっていること以外に、「背番号26の呪い」によって香川は窮地に追い込まれている――というありがたくない噂が、ネット上で拡散中だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る