自力V消滅も…広島は「2勝1敗」ペースでまだチャンスあり

公開日:  更新日:

 再び自力Vの可能性が消滅した。

 11日、2位の広島は5位の中日に足をすくわれ、首位の巨人とのゲーム差が4に広がった。ベテラン33歳の永川勝が0-0の六回に2点を失い、攻撃陣は10残塁の拙攻。巨人の背中が遠くなる、と悲観するファンもいるだろうが、広島OBの評論家・高橋里志氏は「心配することはありませんよ」とこう続ける。

「永川はボールも制球も良くなかったが、あれは本来の投球ではない。なにせ先発のヒースが5回で降板でしょう。あれだけ早く先発が交代してしまえば、普段より出番が早まるリリーフの投球に影響が出てもおかしくありません。まあ、どうってことはないでしょう。そのヒースも5四球の制球難だったとはいえ、2度目の対戦となった中日を結果的にゼロで抑えたことは大きい」

 エースのマエケン、野村、大瀬良にヒースも加わった先発に大きな不安はない。中田、中崎、ミコライオのリリーフ陣も控えている。投手陣は問題ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る