自力V消滅も…広島は「2勝1敗」ペースでまだチャンスあり

公開日: 更新日:

 再び自力Vの可能性が消滅した。

 11日、2位の広島は5位の中日に足をすくわれ、首位の巨人とのゲーム差が4に広がった。ベテラン33歳の永川勝が0-0の六回に2点を失い、攻撃陣は10残塁の拙攻。巨人の背中が遠くなる、と悲観するファンもいるだろうが、広島OBの評論家・高橋里志氏は「心配することはありませんよ」とこう続ける。

「永川はボールも制球も良くなかったが、あれは本来の投球ではない。なにせ先発のヒースが5回で降板でしょう。あれだけ早く先発が交代してしまえば、普段より出番が早まるリリーフの投球に影響が出てもおかしくありません。まあ、どうってことはないでしょう。そのヒースも5四球の制球難だったとはいえ、2度目の対戦となった中日を結果的にゼロで抑えたことは大きい」

 エースのマエケン、野村、大瀬良にヒースも加わった先発に大きな不安はない。中田、中崎、ミコライオのリリーフ陣も控えている。投手陣は問題ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る