巨人との直接対決も4試合 広島逆転優勝の「課題」と「現実味」

公開日:  更新日:

「優勝しましょう!」

 お立ち台の菊池が絶叫すると、マツダスタジアムの広島ファンが大歓声でこれに応えた。9日の中日戦で延長十回にサヨナラ勝ち。1死満塁の場面で菊池が中堅にサヨナラタイムリーを放ち、ロースコアのゲームにけりをつけた。

 首位巨人と3ゲーム差の2位。ファンが期待するのはもちろん、逆転優勝だ。残りは21試合。巨人との直接対決も4試合残っている。決して逆転不可能な数字ではないだろう。

 79、80年の日本一メンバーで広島OBの高橋里志氏は「可能性は十分にあります」とこう言う。

「まず、この日のように連戦の初戦に勝つこと。優勝争いの経験がない選手が多いから、ここぞという場面で気負ってしまうこともある。だからこそ、連戦の頭を落としてはいけない。その上で特別なことはせず、普段通りの野球を心掛ければいい。9月2日からの巨人戦は3連敗したが、見ている限り、選手たちは『巨人はすごく強い』とは思っていないでしょう。これまでの広島なら巨人に対して負け犬根性というか苦手意識があった。今季はそれがない。首位チームと互角に戦えるという気持ちがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る