巨人との直接対決も4試合 広島逆転優勝の「課題」と「現実味」

公開日:  更新日:

「優勝しましょう!」

 お立ち台の菊池が絶叫すると、マツダスタジアムの広島ファンが大歓声でこれに応えた。9日の中日戦で延長十回にサヨナラ勝ち。1死満塁の場面で菊池が中堅にサヨナラタイムリーを放ち、ロースコアのゲームにけりをつけた。

 首位巨人と3ゲーム差の2位。ファンが期待するのはもちろん、逆転優勝だ。残りは21試合。巨人との直接対決も4試合残っている。決して逆転不可能な数字ではないだろう。

 79、80年の日本一メンバーで広島OBの高橋里志氏は「可能性は十分にあります」とこう言う。

「まず、この日のように連戦の初戦に勝つこと。優勝争いの経験がない選手が多いから、ここぞという場面で気負ってしまうこともある。だからこそ、連戦の頭を落としてはいけない。その上で特別なことはせず、普段通りの野球を心掛ければいい。9月2日からの巨人戦は3連敗したが、見ている限り、選手たちは『巨人はすごく強い』とは思っていないでしょう。これまでの広島なら巨人に対して負け犬根性というか苦手意識があった。今季はそれがない。首位チームと互角に戦えるという気持ちがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る