巨人との直接対決も4試合 広島逆転優勝の「課題」と「現実味」

公開日: 更新日:

「優勝しましょう!」

 お立ち台の菊池が絶叫すると、マツダスタジアムの広島ファンが大歓声でこれに応えた。9日の中日戦で延長十回にサヨナラ勝ち。1死満塁の場面で菊池が中堅にサヨナラタイムリーを放ち、ロースコアのゲームにけりをつけた。

 首位巨人と3ゲーム差の2位。ファンが期待するのはもちろん、逆転優勝だ。残りは21試合。巨人との直接対決も4試合残っている。決して逆転不可能な数字ではないだろう。

 79、80年の日本一メンバーで広島OBの高橋里志氏は「可能性は十分にあります」とこう言う。

「まず、この日のように連戦の初戦に勝つこと。優勝争いの経験がない選手が多いから、ここぞという場面で気負ってしまうこともある。だからこそ、連戦の頭を落としてはいけない。その上で特別なことはせず、普段通りの野球を心掛ければいい。9月2日からの巨人戦は3連敗したが、見ている限り、選手たちは『巨人はすごく強い』とは思っていないでしょう。これまでの広島なら巨人に対して負け犬根性というか苦手意識があった。今季はそれがない。首位チームと互角に戦えるという気持ちがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  9. 9

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る