マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ショット精度は「残り距離比率」でチェック

公開日: 更新日:

 先週の「フジサンケイクラシック」では、プロ11年目の岩田寛が接戦を制して念願のツアー初優勝を手にした。最終日、最終ホールのセカンドショットをピン右1・2メートルにピタリとつけ、これを確実に沈めてバーディーを奪って初優勝を自ら引き寄せたのだ。

 岩田の18番のセカンドでも分かるように、グリーンを狙うショットはピンに近づくほどバーディーが取れる確率は上がる。

 対して、パーオンしてもピンから遠いところに乗せてしまうと、バーディーを取る確率は下がる。

 言い換えると、パーオン率という指標だけでは、セカンドでどれだけスコアを稼げたかどうか(バーディーチャンスの回数)は見えてこない。

ゴルフデータ革命」(プレジデント社)では、このパーオン率の盲点を指摘し、セカンドショットで評価すべきはSGA(strokes gained approach)と解説している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る