日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

マキロイ大活躍で注目集めるSGDデータ

 メジャー第4戦、全米プロゴルフ選手権は大接戦の末、トップで最終日を迎えたローリー・マキロイが、一度首位の座から陥落しながらカムバックして優勝。マキロイはこれで米ツアー3試合連続優勝。メジャー通算4勝目です。来年のマスターズで生涯グランドスラムの可能性が高まったとみていいでしょう。

 さて、このマキロイ。決して体格に恵まれているわけではないが、ドライバーの飛距離はツアーでもトップクラス。全米プロでも同伴競技者を絶えずアウトドライブし、飛距離のアドバンテージを生かしてバーディー、イーグルを奪ってスコアを稼いでいる。マキロイのプレーを見ていると、ティーショットは「多少曲がっても、飛んだ方が有利」に思えてくる。

 それを見事に証明しているデータがある。「ゴルフデータ革命」(マーク・ブローディ著、プレジデント社)の中にSGD(strokes gained driving)という分析結果があって、2004~12年のPGAツアーのトップに輝いているのがマキロイ。SGDのスコアは0・98で平均飛距離は295ヤード。ティーショットで稼いだ打数のことで、飛距離と精度(方向性)の両方を考慮に入れて算出されている。SGDのスコアは野球に例えると打率のようなもので、これが高いほど、統計的にいいスコアが出しやすくなっているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事