日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アイアンはパーオン率よりもピンまでの距離を数値化するSGAに注目

 先週の「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」は、地元福岡出身の藤田寛之が5ホールにも及ぶプレーオフの末に、優勝を手にした。これで今季2勝目。賞金ランクも2位に浮上している。

 藤田といえば、パッティングのうまさ、ショットに定評があるプレーヤーであるが、意外にもパーオン率は上位ではない。賞金ランクは2位だが、パーオン率のランクは34位で65%である。ちなみにパーオン率のトップは藤本佳則で72%。藤田はトップの藤本より7ポイントもパーオン率が低いのである。

 では、なぜ藤田はパーオン率があまり高くないのに、しっかり賞金を稼げるのか?

 グリーンを外したアプローチがうまい、パットでスコアを稼いでいるとも考えられるが、実は、パーオン率というデータそのものが腕前の指標として成立していないのだ。パーオン率の評価の基準はボールがグリーンに乗ったかどうかだけ。グリーンに乗ったボールがピンに寄ったかどうかは関係なし。このため、パーオン率の指標では、セカンドでどれだけスコアを稼げたどうか(バーディーチャンスの回数)は見えてこない。パーオン率が高ければ、ボギーを叩くリスクは確実に減らせるが、バーディーを取れる確率が高いかどうかはまったく見えてこないのである。この連載で紹介している「ゴルフデータ革命」(プレジデント社)という書籍では、このパーオン率の盲点を指摘し、セカンドショットで評価すべきはSGA(strokes gained approach)であると解説している。SGAのスコアは野球の打率のようなもので、セカンドでスコアを稼いでいるかを数値化している。例えばパーオンしてもピンまで10メートルならば0点。ピンまで2メートル以内ならばプラス1点。対して、ピンまで20メートルならばマイナス0・5点となる。プラスならば1パットでバーディーが取れる確率がグンと上がり、マイナス0・5点以下ならば3パットする確率が上がるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事