試合形式の紅白戦でマー君納得の65球 復帰戦は22日濃厚

公開日:  更新日:

 ルーキー右腕のメジャー復帰が秒読みに入った。

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が15日(日本時間16日)、フロリダ州タンパでマイナーの紅白戦に登板。相手投手を置かず、イニング間に休憩を挟む変則ゲームで5回65球を投げ6安打無失点。4個の三振を奪った。最速は92マイル(約148キロ)で、順調な回復ぶりをアピールした。

 ジラルディ監督、ロスチャイルド投手コーチの他、球団副会長であるジェニファー・スタインブレナー・スウィンドル氏が見守る中、マウンドに上がった田中。先頭打者に甘く入った速球を左前に運ばれたが、2番打者を低めの球で引っ掛けさせて併殺に打ち取る。変化球も試し、二回には武器であるスプリットで空振り三振を奪った。「強度を上げてみようと少し力んだ」という五回は力のあるストレートでねじ伏せ、3者凡退に仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る