試合形式の紅白戦でマー君納得の65球 復帰戦は22日濃厚

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕のメジャー復帰が秒読みに入った。

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が15日(日本時間16日)、フロリダ州タンパでマイナーの紅白戦に登板。相手投手を置かず、イニング間に休憩を挟む変則ゲームで5回65球を投げ6安打無失点。4個の三振を奪った。最速は92マイル(約148キロ)で、順調な回復ぶりをアピールした。

 ジラルディ監督、ロスチャイルド投手コーチの他、球団副会長であるジェニファー・スタインブレナー・スウィンドル氏が見守る中、マウンドに上がった田中。先頭打者に甘く入った速球を左前に運ばれたが、2番打者を低めの球で引っ掛けさせて併殺に打ち取る。変化球も試し、二回には武器であるスプリットで空振り三振を奪った。「強度を上げてみようと少し力んだ」という五回は力のあるストレートでねじ伏せ、3者凡退に仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 9

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る