内川敬遠に奮起 ソフトBの「眠れる4番」李大浩が意地の一発

公開日:  更新日:

「なめるんじゃねえ!」とばかりにバットを放り投げ、咆哮しているのがソフトバンクの李大浩(32)だ。

 2─0の五回、1死二塁の場面で、バッターボックスには勝負強い3番内川。李はネクストバッターズサークルで待機していた。

 すると、西─伊藤のオリックスバッテリーは4番打者の前にもかかわらず、内川を敬遠したのだ。それも無理はない。李は打率こそ・303だが、この日の試合前まで得点圏打率はわずか・236だったからだ。

 しかし、さすがに目の前で敬遠とあっては李も「バカにしやがって」と怒り心頭。しかも相手は昨季までの古巣だ。フルカウントから2球粘り、8球目の外角スライダーをすくい上げると、京セラドームの左翼上段に飛び込む特大3ラン。打球の行方を見届けるや、雄たけびを上げたのだ。打たれた西はマウンド上に崩れ落ち、呆然。

「完璧。意地もあった」と話した李。チャンスに弱い、眠れる4番を起こしてしまったオリックス。CSでは厄介な相手となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る