日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内川敬遠に奮起 ソフトBの「眠れる4番」李大浩が意地の一発

「なめるんじゃねえ!」とばかりにバットを放り投げ、咆哮しているのがソフトバンクの李大浩(32)だ。

 2─0の五回、1死二塁の場面で、バッターボックスには勝負強い3番内川。李はネクストバッターズサークルで待機していた。

 すると、西─伊藤のオリックスバッテリーは4番打者の前にもかかわらず、内川を敬遠したのだ。それも無理はない。李は打率こそ・303だが、この日の試合前まで得点圏打率はわずか・236だったからだ。

 しかし、さすがに目の前で敬遠とあっては李も「バカにしやがって」と怒り心頭。しかも相手は昨季までの古巣だ。フルカウントから2球粘り、8球目の外角スライダーをすくい上げると、京セラドームの左翼上段に飛び込む特大3ラン。打球の行方を見届けるや、雄たけびを上げたのだ。打たれた西はマウンド上に崩れ落ち、呆然。

「完璧。意地もあった」と話した李。チャンスに弱い、眠れる4番を起こしてしまったオリックス。CSでは厄介な相手となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事