熾烈なパの「本塁打王」争い 西武・中村が負けられない理由

公開日:  更新日:

 CSキップが遠のいた西武。ファンの興味は、メヒアと中村、それにオリックスのペーニャによる本塁打王争いに絞られた。

 32本でトップを走るメヒアは21日、ソフトバンク戦の七回2死走者なしから33号ソロ弾を左翼スタンドに運び中村とペーニャに2本差をつけた。

 5月15日の日本ハム戦では、来日初打席で札幌ドームの左翼席中段へ名刺代わりの一発を放り込んでからアーチを量産。それでも「ホームランを狙っているわけじゃない」というのが口癖だ。

 この日もメヒアに特大アーチを見せつけられた中村は、ベンチの中では表情ひとつ変えずにダイヤモンドを1周したライバルを出迎えた。

 中村は昨年末、11年オフに結んだ3年契約を破棄。新たに4年契約を締結した。総額20億円(年俸3億5000万円)の大型契約は、もちろん出来高を含んでの額だ。本塁打王のタイトルは、メヒアに譲るわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る