熾烈なパの「本塁打王」争い 西武・中村が負けられない理由

公開日: 更新日:

 CSキップが遠のいた西武。ファンの興味は、メヒアと中村、それにオリックスのペーニャによる本塁打王争いに絞られた。

 32本でトップを走るメヒアは21日、ソフトバンク戦の七回2死走者なしから33号ソロ弾を左翼スタンドに運び中村とペーニャに2本差をつけた。

 5月15日の日本ハム戦では、来日初打席で札幌ドームの左翼席中段へ名刺代わりの一発を放り込んでからアーチを量産。それでも「ホームランを狙っているわけじゃない」というのが口癖だ。

 この日もメヒアに特大アーチを見せつけられた中村は、ベンチの中では表情ひとつ変えずにダイヤモンドを1周したライバルを出迎えた。

 中村は昨年末、11年オフに結んだ3年契約を破棄。新たに4年契約を締結した。総額20億円(年俸3億5000万円)の大型契約は、もちろん出来高を含んでの額だ。本塁打王のタイトルは、メヒアに譲るわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る