熾烈なパの「本塁打王」争い 西武・中村が負けられない理由

公開日: 更新日:

 CSキップが遠のいた西武。ファンの興味は、メヒアと中村、それにオリックスのペーニャによる本塁打王争いに絞られた。

 32本でトップを走るメヒアは21日、ソフトバンク戦の七回2死走者なしから33号ソロ弾を左翼スタンドに運び中村とペーニャに2本差をつけた。

 5月15日の日本ハム戦では、来日初打席で札幌ドームの左翼席中段へ名刺代わりの一発を放り込んでからアーチを量産。それでも「ホームランを狙っているわけじゃない」というのが口癖だ。

 この日もメヒアに特大アーチを見せつけられた中村は、ベンチの中では表情ひとつ変えずにダイヤモンドを1周したライバルを出迎えた。

 中村は昨年末、11年オフに結んだ3年契約を破棄。新たに4年契約を締結した。総額20億円(年俸3億5000万円)の大型契約は、もちろん出来高を含んでの額だ。本塁打王のタイトルは、メヒアに譲るわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る