なぜか巨人戦で投打爆発 「最強の最下位」ヤクルトの破壊力

公開日: 更新日:

 試合中のダッグアウトでは泰然自若としているように見える巨人の原監督だが、実は、帽子を叩きつけたり、ベンチを蹴飛ばしたり、コーチを怒鳴りつけたりと、楽天の星野監督ばりに怒りを爆発させることが珍しくない。

 そんな指揮官が今季、中でも荒れるのがきょうから3連戦のヤクルトとの試合だそうである。

 今季の対戦成績は巨人の7勝6敗。ヤクルトは5位のDeNAにも5.5ゲーム差をつけられぶっちぎりの最下位に沈んでいるが、12球団2位のチーム打率.286をマークする超強力打線が、なぜか巨人戦になるといよいよその破壊力を発揮するものだから、原監督もアタマにくるのだろう。

「投げる球種が分かっているんじゃないか、というくらい、ヤクルトの打者は初球からフルスイングしてくる。いきおい、首脳陣の怒りの矛先がバッテリーやスコアラーに向けられるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る