なぜか巨人戦で投打爆発 「最強の最下位」ヤクルトの破壊力

公開日:  更新日:

 試合中のダッグアウトでは泰然自若としているように見える巨人の原監督だが、実は、帽子を叩きつけたり、ベンチを蹴飛ばしたり、コーチを怒鳴りつけたりと、楽天の星野監督ばりに怒りを爆発させることが珍しくない。

 そんな指揮官が今季、中でも荒れるのがきょうから3連戦のヤクルトとの試合だそうである。

 今季の対戦成績は巨人の7勝6敗。ヤクルトは5位のDeNAにも5.5ゲーム差をつけられぶっちぎりの最下位に沈んでいるが、12球団2位のチーム打率.286をマークする超強力打線が、なぜか巨人戦になるといよいよその破壊力を発揮するものだから、原監督もアタマにくるのだろう。

「投げる球種が分かっているんじゃないか、というくらい、ヤクルトの打者は初球からフルスイングしてくる。いきおい、首脳陣の怒りの矛先がバッテリーやスコアラーに向けられるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る