監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”

公開日:  更新日:

「今年は投手補強が最優先課題」

 こう言うのは、ヤクルトの衣笠球団社長。今季も最下位に低迷。2年連続ビリっけつの可能性もあるヤクルトは今オフ、弱点である投手力強化のため、国内FA市場、そして海外の日本人メジャーも含めた補強戦線に乗り込む。

 松井編成部長は約10日間の日程で渡米。外国人の助っ人投手に加えて、松坂、和田毅、そして今オフの目玉である中島ら「日本人メジャー」も調査を行っている。

 その中で注目しているのが、12日のヤクルト戦で11勝目を挙げた中日の山井大介(36)だという。先発投手陣は石川、小川を除けばローテ投手と胸を張れる人材はいない。故障中の館山、由規は来季の復帰のメドも立っていない状況。山井は年俸8000万円で価格的に手頃だ。中日は残留要請する方針だし、巨人、阪神も獲得に興味を示しているが、「今年は金庫を開けて、使うところは使う」とは球団幹部。昨年獲得に乗り出した中田賢一はソフトバンクにさらわれたが、今年はさらなる資金の上積みもあるかもしれない。争奪戦が予想されるオリックスの金子千尋(30)もマークを続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る