• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”

「今年は投手補強が最優先課題」

 こう言うのは、ヤクルトの衣笠球団社長。今季も最下位に低迷。2年連続ビリっけつの可能性もあるヤクルトは今オフ、弱点である投手力強化のため、国内FA市場、そして海外の日本人メジャーも含めた補強戦線に乗り込む。

 松井編成部長は約10日間の日程で渡米。外国人の助っ人投手に加えて、松坂、和田毅、そして今オフの目玉である中島ら「日本人メジャー」も調査を行っている。

 その中で注目しているのが、12日のヤクルト戦で11勝目を挙げた中日の山井大介(36)だという。先発投手陣は石川、小川を除けばローテ投手と胸を張れる人材はいない。故障中の館山、由規は来季の復帰のメドも立っていない状況。山井は年俸8000万円で価格的に手頃だ。中日は残留要請する方針だし、巨人、阪神も獲得に興味を示しているが、「今年は金庫を開けて、使うところは使う」とは球団幹部。昨年獲得に乗り出した中田賢一はソフトバンクにさらわれたが、今年はさらなる資金の上積みもあるかもしれない。争奪戦が予想されるオリックスの金子千尋(30)もマークを続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る