監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”

公開日: 更新日:

「今年は投手補強が最優先課題」

 こう言うのは、ヤクルトの衣笠球団社長。今季も最下位に低迷。2年連続ビリっけつの可能性もあるヤクルトは今オフ、弱点である投手力強化のため、国内FA市場、そして海外の日本人メジャーも含めた補強戦線に乗り込む。

 松井編成部長は約10日間の日程で渡米。外国人の助っ人投手に加えて、松坂、和田毅、そして今オフの目玉である中島ら「日本人メジャー」も調査を行っている。

 その中で注目しているのが、12日のヤクルト戦で11勝目を挙げた中日の山井大介(36)だという。先発投手陣は石川、小川を除けばローテ投手と胸を張れる人材はいない。故障中の館山、由規は来季の復帰のメドも立っていない状況。山井は年俸8000万円で価格的に手頃だ。中日は残留要請する方針だし、巨人阪神も獲得に興味を示しているが、「今年は金庫を開けて、使うところは使う」とは球団幹部。昨年獲得に乗り出した中田賢一はソフトバンクにさらわれたが、今年はさらなる資金の上積みもあるかもしれない。争奪戦が予想されるオリックス金子千尋(30)もマークを続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る