日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト来季は真中監督 球団社長も「有力候補」と認める

 来季のヤクルト監督に、真中満一軍チーフ打撃コーチ(43)の昇格が決定的となった。

 日刊ゲンダイの取材に衣笠球団社長は、「(次期監督は)最終的に(堀)オーナーに決定していただくが、有力候補の一人」と話した。堀オーナーはオーナー代行を兼務する衣笠社長に信頼を置いており、早ければ来週中にもオーナーの最終判断を仰いだ上で「真中新監督」が誕生する。

 真中コーチは日大からドラフト3位で93年に入団。ヤクルト一筋で16年間プレー。勝負強い打撃で4度の日本一に貢献。08年に現役引退後は二軍打撃コーチを経て10年オフに二軍監督。昨年は得点数、安打数などでイースタン・リーグ新記録を樹立してリーグ制覇。その手腕が認められ、今季から一軍チーフ打撃コーチに就任。12球団トップの592得点、打撃10傑には高卒4年目の山田ら4人を送り込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事