日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スイングはフラット&レイドオフが世界基準

 先々週、先週と世界アマチュアチーム選手権が軽井沢72東コースで開催された。日本での開催は実に52年ぶりのことで、女子はオーストラリアが大逆転で勝利を収め、男子はアメリカが連覇で最多15回目の優勝を果たした。日本勢は女子が8位タイ、男子は29位タイで大会は幕を閉じた。

 ボクは6日間、現地で世界中のプレーヤーをつぶさに取材してきたが、スイングを見ていて感じたのが、一流どころには共通点があることだ。国に関係なく、トップの位置は低めでコンパクト。シャフトの向きはレイドオフ。そしてフェースの向きがシャット気味になっている選手が非常に多かった。かつてはトップでシャフトは飛球線と平行、フェースの向きは斜め45度(スクエア)が理想形とされていたが、そうではない選手が圧倒的に増えているのだ。

 加えて、世界の一流どころに共通しているのが、トップからダウンの切り返し。ほとんどの選手は切り返しでヘッドが下がり(背中側に下がり)、シャフトが少し寝てからダウンスイングが始まる。日本では「ダウンでシャフトを立てろ」というセオリーがあるが、そんなことをしている選手はほとんどいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事