初黒星も…原監督が画策する菅野の「タイトル総ナメ」作戦

公開日: 更新日:

 開幕から6連勝していた巨人菅野智之(24)が11日、甲子園の阪神戦に先発。7回で9三振を奪い、120球1失点の好投も、打線が阪神先発メッセンジャーに散発の4安打。三塁も踏めずに完封され、今季初黒星を喫した。

 菅野は「役割を果たせなかった。こういう厳しい試合を勝ち切れないのは、まだまだ甘い」と納得していなかったが、原監督は「スピードもあったし良かった。気迫もあった。(連勝ストップは)またスタートすればいい」と力投をねぎらった。

 これで肩の荷が下りたのではないか。菅野は連勝中、「正直、負けていないプレッシャーはある」と話していた。4失点しても打線の援護で2勝を拾った。昨年の楽天・田中(ヤンキース)の「24連勝」のような神業を期待されても……が本音だったかもしれない。

 それでも6勝、防御率1.75はともにリーグ1位。49奪三振もメッセンジャーに2差と肉薄した。菅野が「200イニングを投げたい」と唯一、こだわっている投球回数も61回3分の2でトップ。現段階では沢村賞だって夢ではない成績だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る