菅野に投手タイトルを…巨人・原監督が画策する“奥の手”

公開日: 更新日:

 26日にリーグ3連覇を決めた巨人の原監督(56)。優勝決定後、2試合続けて「第81代」の4番に実績のない大田を抜擢するなど、“消化試合”モード突入でDeNAに連敗した。「優勝を決めたとはいえ、目的は勝つこと。みんな分かっていると思うけどね」とクギを刺し、「CS? まだ早いんじゃない?」と質問を遮った原監督には確かに、その前に後押ししたいことがある。エース菅野智之(24)のタイトルだ。

 菅野は現在12勝(5敗)で、阪神メッセンジャーの13勝に1差。防御率は2.36でリーグトップを走っている。2位の広島前田が2.56で追う展開。勝率もリーグトップタイだ。 巨人は10月1日からの5連戦を残すのみ。残りが消化試合にならないのは、タイトルがかかる菅野だけである。ある球団関係者が言う。

「順番なら菅野の前に投げる杉内は、10勝に到達したところで抹消した。菅野にあと2度の登板機会を与えるためともっぱら。菅野が先発予定の1日のヤクルト戦で勝ち星がついてトップに追いつけばいいが、場合によっては、中3日で5日の広島との最終戦のリリーフに回る可能性もある。例えば、巨人が勝っている五回2死からマウンドに上がれば、勝ち投手の権利を得られる。故障で1カ月以上離脱しながらもチーム勝ち頭。労に報いたいということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る