日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“王様復活”本田vsハーフナー アギーレ日本に新たな火種

 10日に新潟でジャマイカと対戦するアギーレ日本代表。注目は所属クラブのミランでは絶好調をキープしている本田圭佑(28)だ。今季6戦で4ゴールの荒稼ぎ。得点ランク2位タイだ。惨敗に終わったW杯で本田株は大暴落したが、ミランでV字回復ぶりを見せつけ、ピッチ内外で「オレ様・本田」が復活しつつあるともっぱらなのだ。

 その一方で、「本田がアギーレのクビを飛ばす」と囁かれるようになった。カギを握るのは、今回の代表の目玉であるFWハーフナー・マイク(27)だ。

「アギーレ監督は、日本代表監督に就任する前から、オランダでプレーしていたハーフナーを高評価。今季スペイン1部コルドバに移籍し、オレの見る目は間違っていなかったとご満悦です。しかし、このハーフナーがチームの火種になる。というのも王様・本田はハーフナーの能力をまったく評価していない。それどころかハーフナーがいることで空中戦重視のサッカーになり、日本らしさが失われるので代表メンバーから外してしまえ! とまで思っている。アギーレがハーフナーを重用すれば本田との間に深い溝ができ、チームはギクシャクしてしまうでしょう」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事