• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“王様復活”本田vsハーフナー アギーレ日本に新たな火種

 10日に新潟でジャマイカと対戦するアギーレ日本代表。注目は所属クラブのミランでは絶好調をキープしている本田圭佑(28)だ。今季6戦で4ゴールの荒稼ぎ。得点ランク2位タイだ。惨敗に終わったW杯で本田株は大暴落したが、ミランでV字回復ぶりを見せつけ、ピッチ内外で「オレ様・本田」が復活しつつあるともっぱらなのだ。

 その一方で、「本田がアギーレのクビを飛ばす」と囁かれるようになった。カギを握るのは、今回の代表の目玉であるFWハーフナー・マイク(27)だ。

「アギーレ監督は、日本代表監督に就任する前から、オランダでプレーしていたハーフナーを高評価。今季スペイン1部コルドバに移籍し、オレの見る目は間違っていなかったとご満悦です。しかし、このハーフナーがチームの火種になる。というのも王様・本田はハーフナーの能力をまったく評価していない。それどころかハーフナーがいることで空中戦重視のサッカーになり、日本らしさが失われるので代表メンバーから外してしまえ! とまで思っている。アギーレがハーフナーを重用すれば本田との間に深い溝ができ、チームはギクシャクしてしまうでしょう」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る