• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“王様復活”本田vsハーフナー アギーレ日本に新たな火種

 10日に新潟でジャマイカと対戦するアギーレ日本代表。注目は所属クラブのミランでは絶好調をキープしている本田圭佑(28)だ。今季6戦で4ゴールの荒稼ぎ。得点ランク2位タイだ。惨敗に終わったW杯で本田株は大暴落したが、ミランでV字回復ぶりを見せつけ、ピッチ内外で「オレ様・本田」が復活しつつあるともっぱらなのだ。

 その一方で、「本田がアギーレのクビを飛ばす」と囁かれるようになった。カギを握るのは、今回の代表の目玉であるFWハーフナー・マイク(27)だ。

「アギーレ監督は、日本代表監督に就任する前から、オランダでプレーしていたハーフナーを高評価。今季スペイン1部コルドバに移籍し、オレの見る目は間違っていなかったとご満悦です。しかし、このハーフナーがチームの火種になる。というのも王様・本田はハーフナーの能力をまったく評価していない。それどころかハーフナーがいることで空中戦重視のサッカーになり、日本らしさが失われるので代表メンバーから外してしまえ! とまで思っている。アギーレがハーフナーを重用すれば本田との間に深い溝ができ、チームはギクシャクしてしまうでしょう」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る