2試合ではっきり アギーレに求められる「本田外し」の決断

公開日:  更新日:

 アギーレ新監督にとって2戦目の相手、ベネズエラのFIFA世界ランクは29位。日本代表の44位と比べると格上に思えなくもないが、その実態は「南米10カ国の中で唯一、W杯出場歴がない」上に「国内人気ナンバーワンのスポーツは野球」というお国柄。世界の舞台は未体験ゾーンである。

 ところが、アギーレ・ジャパンは大苦戦した。後半から登場のFW武藤嘉紀(22=FC東京)が先制点を決めてから、7分後だった。DF水本裕貴(28=広島)が相手選手を倒してPKを献上。日本が2─1とリードして迎えた後半26分、正面に飛んできたシュートをGK川島永嗣(31=スタンダール)がキャッチし損ねて、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

「初戦ウルグアイ戦の2失点も選手の凡ミスが原因でした。この日の2失点に絡んだ選手のプレーも代表レベルには程遠く、お粗末のひと言に尽きます。特にGK川島は、言い訳無用の大チョンボ。試合後にベネズエラの監督が『日本─ウルグアイ戦を検証したら、プレスをかけると日本選手はエラーすることが分かった』とコメントした。失点に直結したミスを犯した選手は今後、代表に招集されなくなっても文句は言えない」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る