• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2試合ではっきり アギーレに求められる「本田外し」の決断

 アギーレ新監督にとって2戦目の相手、ベネズエラのFIFA世界ランクは29位。日本代表の44位と比べると格上に思えなくもないが、その実態は「南米10カ国の中で唯一、W杯出場歴がない」上に「国内人気ナンバーワンのスポーツは野球」というお国柄。世界の舞台は未体験ゾーンである。

 ところが、アギーレ・ジャパンは大苦戦した。後半から登場のFW武藤嘉紀(22=FC東京)が先制点を決めてから、7分後だった。DF水本裕貴(28=広島)が相手選手を倒してPKを献上。日本が2─1とリードして迎えた後半26分、正面に飛んできたシュートをGK川島永嗣(31=スタンダール)がキャッチし損ねて、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

「初戦ウルグアイ戦の2失点も選手の凡ミスが原因でした。この日の2失点に絡んだ選手のプレーも代表レベルには程遠く、お粗末のひと言に尽きます。特にGK川島は、言い訳無用の大チョンボ。試合後にベネズエラの監督が『日本─ウルグアイ戦を検証したら、プレスをかけると日本選手はエラーすることが分かった』とコメントした。失点に直結したミスを犯した選手は今後、代表に招集されなくなっても文句は言えない」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る