今年もCS“温存”か 阪神能見は調整登板でもピリッとせず

公開日: 更新日:

 阪神の能見(35)が若手中心のフェニックスリーグのDeNA戦に登板。二回には「ひっかいた」と左手を気にするそぶりを見せるなど3回3失点。広島とのCSファーストステージでは2戦目以降の先発が予定されるが、不安が残る結果となった。

 昨季の広島とのファーストステージ第1戦は新人の藤浪、第2戦はメッセンジャーで、登板機会がないまま敗退した。ファイナルステージの巨人戦を見据え、和田監督がエースを温存したことが裏目に出たと、関西マスコミなどにブッ叩かれたが、実は調子を落としていたという関係者もいる。

 雪辱を期した今季は9勝13敗、防御率3.99と振るわず。かつての巨人キラーも今季は1勝5敗、防御率5・09とライバルにも返り討ちにされた。すっかり輝きを失った左腕は、4年ぶりのCS登板へ「問題ない」と言うが、和田監督は今年も“温存”したくなったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る