広島も阪神もミス連発 これが2位通過かけた試合なのか?

公開日: 更新日:

 1日の広島阪神戦。両チームが2位通過をかけたマツダスタジアムの試合に3万2014人の大観衆がつめかけた。緊迫感あふれる熱戦になるかと思いきや、お互いがミスを連発するボロ試合になった。

 まずは広島。とんでもないプレーが出たのは0-2で迎えた四回1死一、三塁。先発の大瀬良が能見のゴロをキャッチすると、三塁走者の新井貴が飛び出しランダウンプレーになった。

 大瀬良はボールを持ったまま新井を追いかけ、三塁の梵にトス。が、梵は本塁方向まで追いすぎて捕手の会沢に送球できず、まんまと新井を生還させてしまった。

 バッテリーもミス連発だった。三回1死一塁、鳥谷の打席で大瀬良が暴投。捕手の会沢がボールを見失う間に一塁走者の上本は一気に三塁へ。鳥谷が適時打を放って2点目を献上すると、八回にはゴメスを迎えて今度は戸田が暴投。これまた一塁走者の鳥谷を三塁に進ませ、直後にゴメスに犠飛を打たれた。リプレー映像を見るような失態に広島ファンもタメ息である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る