• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍ジャパンのサプライズ 巨人・小林選出の先に“阿部外し”

 9日、発表された侍ジャパンのメンバー28人中、巨人から選ばれたのは坂本勇人(25)と小林誠司(25)の2人だけ。リーグ3連覇を果たしたというのに、何とも寂しい結果となった。

 新人で唯一の選出となった小林は「素直にうれしい。光栄なこと」と話したが、巨人の正捕手は阿部。小久保監督は「若い選手に代表経験を」という方針を掲げているものの、63試合で打率・255の「第2捕手」でもある小林の選出は明らかに“特別枠”だ。日米野球を主催する読売関係者がこう解説する。

「菅野はケガをしてしまったし、リーグ優勝した巨人から坂本だけでは格好がつかない。小久保監督はキャンプの頃から小林の強肩などを評価していた。第3捕手でもいいから来年のために代表で経験を積ませたいという球団の思惑や、読売が主催という事情も理解してくれたんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る