• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堂々の初マスク 原監督が期待する捕手・小林の「陰」の部分

 巨人の阿部慎之助(35)が今季初めて欠場した。5日の試合で左ふくらはぎに死球を受けて退場。6日は球場に姿を見せず、宿舎で治療に専念した。左ふくらはぎは2月のオープン戦の守備中に投球を受けて痛めた箇所。この時は実戦復帰まで1週間かかった。痛みがなかなか引かなかった“古傷”に、運悪くまた当たってしまっただけに、長引く可能性がある。

 6日の中日戦は阿部に代わってドラフト1位ルーキー・小林誠司(24)が「8番・捕手」でプロ初スタメン。「積極的に初球からいこうと思った」と思い切りのいいスイングで初打席初安打を放った。試合は3-4で敗れ、チームの連勝は5で止まったものの、二塁への牽制で自慢の鉄砲肩を見せるなど、阿部にはない持ち味を随所に見せた。原辰徳監督(55)は「(阿部)慎之助がデビューした時より、はるかに堂々としたキャッチャーぶりだった」とねぎらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る