• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堂々の初マスク 原監督が期待する捕手・小林の「陰」の部分

 巨人の阿部慎之助(35)が今季初めて欠場した。5日の試合で左ふくらはぎに死球を受けて退場。6日は球場に姿を見せず、宿舎で治療に専念した。左ふくらはぎは2月のオープン戦の守備中に投球を受けて痛めた箇所。この時は実戦復帰まで1週間かかった。痛みがなかなか引かなかった“古傷”に、運悪くまた当たってしまっただけに、長引く可能性がある。

 6日の中日戦は阿部に代わってドラフト1位ルーキー・小林誠司(24)が「8番・捕手」でプロ初スタメン。「積極的に初球からいこうと思った」と思い切りのいいスイングで初打席初安打を放った。試合は3-4で敗れ、チームの連勝は5で止まったものの、二塁への牽制で自慢の鉄砲肩を見せるなど、阿部にはない持ち味を随所に見せた。原辰徳監督(55)は「(阿部)慎之助がデビューした時より、はるかに堂々としたキャッチャーぶりだった」とねぎらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る