チームから「ゆとり君」と陰口が 巨人ドラ1捕手・小林の正念場

公開日:  更新日:

 巨人は19日のヤクルト戦に勝ってマジック6。リーグ3連覇は目前だが、新人捕手の小林誠司(25)にとっては今が正念場だ。17日の広島戦で沢村が初回KO。小林のリードも「短期決戦では厳しい」と評論家に酷評されてしまった。二軍に一度も落ちていないのは快挙だが、打率はここまで.241。周囲の目は次第に厳しくなりつつある。

 球団関係者は「今季を振り返ると、8月に入って打撃に専念させる意味で、3週間ほど慎之助(阿部)を一塁に固定してからチームが上向いた。慎之助の選手寿命を考え、原監督は来季、一塁・阿部、捕手・小林を基本線に考えているみたい。だから、試せたのは大きかったのではないか」と言うが、それは小林が正捕手に定着できてこそ。某中堅選手がこう言う。

「小林は『沢村さんのことはボクが一番よく分かっています!』と自信満々にコーチに言ってしまうような、良く言えば自信家、悪く言えば空気が読めないところがあるんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る