アギーレの日本代表再建 3試合での達成度と方向性を検証

公開日: 更新日:

 日本代表が10日、国際親善試合でジャマイカと対戦し1-0で勝利。アギーレ監督が、就任3戦目にして初勝利を飾った。

 試合は終始、日本代表のペースだった。15分、GK西川周作(28)からつながったボールがFW本田圭佑(28)に渡り、最後はMF香川真司(25)が豪快ミドルシュート。

 先制ゴールはその1分後だった。相手エリアでFW岡崎慎司(28)がボールを奪取。本田が相手ゴール右サイドでタイミングを計り、MF柴崎岳(22)の足元にパスを送った。シュート性のクロスが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、日本はラッキーなオウンゴールで先制だ。

 しかし、その後は「決定力不足」の連発だった。

 33分、相手GKと1対1となった本田が、利き足の左足でループシュート。ボールはクロスバーに当たって外れた。再三のチャンスを生かせないまま結局、前後半でシュート20本の日本は同4本のジャマイカから追加点を奪えず、もどかしさの残る一戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る