“ポスト遠藤”期待のMF柴崎 孤高タイプからイメチェン

公開日: 更新日:

 アギーレ・ジャパンが、キリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦(札幌)でついに初陣を飾る。スタメンやフォーメーションにはさまざまな予想が飛び交っているが、前日公式練習終了後に多くのメディアに囲まれたのが、MF柴崎岳(22=鹿島)である。

 日本代表歴代最多出場(146試合)のMF遠藤保仁(34=G大阪)が付けてきた「背番号7」を背負うことになり、長らく日本代表の屋台骨を支えてきた遠藤の代わりが務まるのか、大きな注目を集めているからだ。

 技術の高さ、戦術眼の鋭さ、視野の広さ、沈着冷静さ、試合の先を読む力。これら遠藤の持ち味は、そのまま柴崎のストロングポイントに重なる。能力的にはポスト遠藤が十分に務まると、多くのサッカー関係者からも認められていた。

「足りないものは国際経験とチームメートとのコミュニケーション力」と前置きして、サッカージャーナリストの森雅史氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る