日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人好調維持も アギーレ日本最大の悩みは香川のポジション

 9月に古巣・独ドルトムントに復帰したMF香川真司(25)は、ポジションもマンU時代にやらされたサイドMFやボランチから待望のトップ下に入り、日本代表合宿3日目の昨8日には「香川がジャマイカ戦(10日)とブラジル戦(14日)で背番号10を付ける」ことも発表された。合宿でも香川は、水を得た魚のようにはつらつとしてプレーしているようだが、内情は違う。

 アギーレ監督は、今回初招集の香川をインサイドハーフで使うと明言。これが香川とチームにフィットするかは未知数だからだ。

 ジャマイカ戦の予想布陣は、1トップにFW岡崎慎司(マインツ)。左サイドにFW武藤嘉紀(FC東京)、右サイドにMF本田圭佑(ミラン)。センターハーフの3人は中央の左に香川、右に柴崎岳(鹿島)が並んでDFの前にMF細貝萌(ヘルタ)がアンカー。この布陣で香川をセンターハーフに起用すると、香川の持ち味を殺してしまう可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事