日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本ツアーに恋々の松山英樹 「シード変更」に文句タラタラ

 米ツアーの2014~15年シーズンが「フライズドットコム・オープン」から開幕した。

 日本から松山英樹(22)と石川遼(23)の2人が出場しているが、「松山が相当おかんむりらしい」(関係者)と騒ぎになっている。日本ゴルフツアー機構(JGTO)が今季から米ツアーなど、海外を主戦場とするシード選手に5試合の出場義務を設けたことに怒っているようだ。某メーカー関係者がこう言う。

「昨年までは米シード権を取れば、国内ツアーの出場義務試合数が免除されていましたが、今年から変更になりました。JGTO関係者が開幕前の2月にそれを直接会って松山に伝えたのですが、『連絡をもらったのが石川遼より1カ月以上も遅い』と、カチンときたそうなのです」

 出場義務5試合に対して、松山の今季日本ツアーは7月のセガサミー1試合のみ。米ツアー最終戦のツアー選手権が終わって帰国したが、3週間はオフに充て国内ツアーには出場しなかった。一方、石川はノルマの5試合をすでにクリアしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事