日本ツアーに恋々の松山英樹 「シード変更」に文句タラタラ

公開日:  更新日:

 米ツアーの2014~15年シーズンが「フライズドットコム・オープン」から開幕した。

 日本から松山英樹(22)と石川遼(23)の2人が出場しているが、「松山が相当おかんむりらしい」(関係者)と騒ぎになっている。日本ゴルフツアー機構(JGTO)が今季から米ツアーなど、海外を主戦場とするシード選手に5試合の出場義務を設けたことに怒っているようだ。某メーカー関係者がこう言う。

「昨年までは米シード権を取れば、国内ツアーの出場義務試合数が免除されていましたが、今年から変更になりました。JGTO関係者が開幕前の2月にそれを直接会って松山に伝えたのですが、『連絡をもらったのが石川遼より1カ月以上も遅い』と、カチンときたそうなのです」

 出場義務5試合に対して、松山の今季日本ツアーは7月のセガサミー1試合のみ。米ツアー最終戦のツアー選手権が終わって帰国したが、3週間はオフに充て国内ツアーには出場しなかった。一方、石川はノルマの5試合をすでにクリアしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る