申ジエ似といわれ…アン・ソンジュが母国で受けた“深い傷”

公開日:  更新日:

「もう、2人が似ているなんていう人はいませんよ」

 あるツアー関係者がこういうのは、この日、通算12アンダーで優勝した申ジエ(26)と、もっか賞金ランクトップのアン・ソンジュ(26)のことだ。2人は韓国のアマチュア時代には鎬を削った仲。体格が似ていることから、以前は間違えられることもあったという。冒頭の関係者が続ける。

「申ジエは目を整形して瞳が大きくなったので、昔とは別人のようです。だから、もうアンちゃんと間違うファンもほとんどいません。それより、先日ネットで見た記事は衝撃的でした」

 衝撃的というのは、韓国の中央日報日本語版が8月1日に報じたアン・ソンジュの記事だ。アンは韓国の一部企業から整形手術を勧められ、消えることのない傷を受けたという。技量より外見ばかり重視する容姿至上主義が強い韓国が嫌になり、日本行きを決めた事実も語られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る