• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファイナル直前 巨人原監督が自ら語った07年の“トラウマ”

 巨人は14日、15日に開幕するCSファイナルステージへ向け、東京ドームで最終調整を行った。「1点1点の積み重ねで接戦に持ち込みたい」と話した原監督(56)は、右の藤浪か左の岩田かと予想される阪神の先発投手について、「まあ、右か左かというところ。新聞の先発予想を見ながら(オーダーは)明日決めるよ」と笑い飛ばしてみせた。

 リーグ優勝の巨人には1勝のアドバンテージがある。阪神との対戦成績は13勝11敗と五分だが、勝負どころの8月以降は7勝2敗。巨人の絶対的有利は揺るがない。時間もたっぷりあった。そんな余裕から、どちらの投手でも大丈夫という余裕がにじみ出ていた。

 指揮官は練習を見守りながら報道陣と談笑。かつてのCSの思い出話を切り出した。

「昔、(CS初戦で中日の)小笠原が投げてきたことがあった。想定していた3人には入っていなかった。今だから言えるけど、あの時メンバー表を見たスコアラーがぐちゃぐちゃにして下に叩きつけたんだ。しかも抑えられたんだよなあ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る