日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファイナル直前 巨人原監督が自ら語った07年の“トラウマ”

 巨人は14日、15日に開幕するCSファイナルステージへ向け、東京ドームで最終調整を行った。「1点1点の積み重ねで接戦に持ち込みたい」と話した原監督(56)は、右の藤浪か左の岩田かと予想される阪神の先発投手について、「まあ、右か左かというところ。新聞の先発予想を見ながら(オーダーは)明日決めるよ」と笑い飛ばしてみせた。

 リーグ優勝の巨人には1勝のアドバンテージがある。阪神との対戦成績は13勝11敗と五分だが、勝負どころの8月以降は7勝2敗。巨人の絶対的有利は揺るがない。時間もたっぷりあった。そんな余裕から、どちらの投手でも大丈夫という余裕がにじみ出ていた。

 指揮官は練習を見守りながら報道陣と談笑。かつてのCSの思い出話を切り出した。

「昔、(CS初戦で中日の)小笠原が投げてきたことがあった。想定していた3人には入っていなかった。今だから言えるけど、あの時メンバー表を見たスコアラーがぐちゃぐちゃにして下に叩きつけたんだ。しかも抑えられたんだよなあ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事