• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

試合間隔あきすぎ…ソフトBによぎる「2010年の悪夢」

 ソフトバンクの選手が口々に、「ちょっとヤバいんじゃないの」と言っているという。

 11日から開催されるCSファーストステージ。パは2位オリックスと3位日本ハムが対戦する。首位ソフトバンクは15日からのファイナルステージに備えて一軍がフェニックスリーグに乗り込んだものの、これが大誤算。8日こそ試合が出来たとはいえ、台風19号の影響で9日は試合中止。結局、わずか1試合で福岡に戻る羽目になった。

 しかも、無観客で行われた紅白戦が、ファンサービス向けユーストリーム中継で配信されるという不手際まで発覚。CSファイナルSでぶつかるライバル球団に、サインや配球など偵察された可能性もある。

 ソフトバンクは10年にもリーグ制覇しながら、CSではファーストステージを突破した3位ロッテに敗退。最後の公式戦から2週間以上も間隔があき、選手は実戦感覚のズレに苦しんだ。当時のコーチ陣も「選手は試合がない期間の調整法が一番難しい。特に野手はボールを追う目の感覚が鈍くなる」と、嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る