試合間隔あきすぎ…ソフトBによぎる「2010年の悪夢」

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの選手が口々に、「ちょっとヤバいんじゃないの」と言っているという。

 11日から開催されるCSファーストステージ。パは2位オリックスと3位日本ハムが対戦する。首位ソフトバンクは15日からのファイナルステージに備えて一軍がフェニックスリーグに乗り込んだものの、これが大誤算。8日こそ試合が出来たとはいえ、台風19号の影響で9日は試合中止。結局、わずか1試合で福岡に戻る羽目になった。

 しかも、無観客で行われた紅白戦が、ファンサービス向けユーストリーム中継で配信されるという不手際まで発覚。CSファイナルSでぶつかるライバル球団に、サインや配球など偵察された可能性もある。

 ソフトバンクは10年にもリーグ制覇しながら、CSではファーストステージを突破した3位ロッテに敗退。最後の公式戦から2週間以上も間隔があき、選手は実戦感覚のズレに苦しんだ。当時のコーチ陣も「選手は試合がない期間の調整法が一番難しい。特に野手はボールを追う目の感覚が鈍くなる」と、嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る