SB秋山監督 V決定直後の号泣で現実味増す「今季で辞任」説

公開日:  更新日:

「結果に関係なく辞めると思いますよ」

 ソフトバンクのある球団職員がこう言う。

 今季最終戦となった144試合目のオリックス戦で、ソフトバンクがようやく優勝を決めた。11年以来3年ぶりの快挙。秋山監督(52)にとっても自身が指揮を執って3度目のリーグVだ。試合直後は珍しく号泣して選手やスタッフ一人一人をねぎらっていたが、それも契約最終年の今季限りで辞任するつもりだからだろう。

 9月はマジック点灯を目前としながら、8勝14敗1分けと失速。最後の10試合は2勝8敗という体たらくだった。優勝の喜びよりは、むしろ安堵のため息が勝る結果だ。

■終盤の体たらくにファンから猛抗議が

 昨季はまさかの4位に終わり、孫オーナーの大号令の下、オフは総額30億円をかけての大補強を行った。外国人選手だけでもスタンリッジ(前阪神)、ウルフ(前日本ハム)、サファテ(前西武)、李大浩(前オリックス)と、各チームの主力4人。さらに中日からは中田、日ハムから鶴岡とFA選手も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る