日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB秋山監督 V決定直後の号泣で現実味増す「今季で辞任」説

「結果に関係なく辞めると思いますよ」

 ソフトバンクのある球団職員がこう言う。

 今季最終戦となった144試合目のオリックス戦で、ソフトバンクがようやく優勝を決めた。11年以来3年ぶりの快挙。秋山監督(52)にとっても自身が指揮を執って3度目のリーグVだ。試合直後は珍しく号泣して選手やスタッフ一人一人をねぎらっていたが、それも契約最終年の今季限りで辞任するつもりだからだろう。

 9月はマジック点灯を目前としながら、8勝14敗1分けと失速。最後の10試合は2勝8敗という体たらくだった。優勝の喜びよりは、むしろ安堵のため息が勝る結果だ。

■終盤の体たらくにファンから猛抗議が

 昨季はまさかの4位に終わり、孫オーナーの大号令の下、オフは総額30億円をかけての大補強を行った。外国人選手だけでもスタンリッジ(前阪神)、ウルフ(前日本ハム)、サファテ(前西武)、李大浩(前オリックス)と、各チームの主力4人。さらに中日からは中田、日ハムから鶴岡とFA選手も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事