SB秋山監督 V決定直後の号泣で現実味増す「今季で辞任」説

公開日: 更新日:

「結果に関係なく辞めると思いますよ」

 ソフトバンクのある球団職員がこう言う。

 今季最終戦となった144試合目のオリックス戦で、ソフトバンクがようやく優勝を決めた。11年以来3年ぶりの快挙。秋山監督(52)にとっても自身が指揮を執って3度目のリーグVだ。試合直後は珍しく号泣して選手やスタッフ一人一人をねぎらっていたが、それも契約最終年の今季限りで辞任するつもりだからだろう。

 9月はマジック点灯を目前としながら、8勝14敗1分けと失速。最後の10試合は2勝8敗という体たらくだった。優勝の喜びよりは、むしろ安堵のため息が勝る結果だ。

■終盤の体たらくにファンから猛抗議が

 昨季はまさかの4位に終わり、孫オーナーの大号令の下、オフは総額30億円をかけての大補強を行った。外国人選手だけでもスタンリッジ(前阪神)、ウルフ(前日本ハム)、サファテ(前西武)、李大浩(前オリックス)と、各チームの主力4人。さらに中日からは中田、日ハムから鶴岡とFA選手も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る