SB秋山監督 V決定直後の号泣で現実味増す「今季で辞任」説

公開日: 更新日:

「結果に関係なく辞めると思いますよ」

 ソフトバンクのある球団職員がこう言う。

 今季最終戦となった144試合目のオリックス戦で、ソフトバンクがようやく優勝を決めた。11年以来3年ぶりの快挙。秋山監督(52)にとっても自身が指揮を執って3度目のリーグVだ。試合直後は珍しく号泣して選手やスタッフ一人一人をねぎらっていたが、それも契約最終年の今季限りで辞任するつもりだからだろう。

 9月はマジック点灯を目前としながら、8勝14敗1分けと失速。最後の10試合は2勝8敗という体たらくだった。優勝の喜びよりは、むしろ安堵のため息が勝る結果だ。

■終盤の体たらくにファンから猛抗議が

 昨季はまさかの4位に終わり、孫オーナーの大号令の下、オフは総額30億円をかけての大補強を行った。外国人選手だけでもスタンリッジ(前阪神)、ウルフ(前日本ハム)、サファテ(前西武)、李大浩(前オリックス)と、各チームの主力4人。さらに中日からは中田、日ハムから鶴岡とFA選手も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る