星野、桑田、松中の名前まで…混迷極まるソフトB次期監督

公開日:  更新日:

「次期監督はアッと驚く人物になるかもしれない」

 こう耳打ちするのは、さる球界関係者である。14日、今季のパのペナントレースを制覇したソフトバンクの秋山幸二監督(52)の辞任が発表された。6年間で3度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。一時代を築いた指揮官は「二軍監督、一軍コーチ、一軍監督として10年目。今年をひとつの区切りにしようと、ずっと考えながらやってきた」と、淡々と語ったが、9月上旬から秋山監督の来季続投が決定事項のように報じられていた。

 リーグVを決めた2日には、後藤球団社長が今季限りで契約が切れる秋山監督に対し、新たに2年契約を提示することを示唆。秋山監督から続投の意思確認をし、シーズン後に正式契約を結ぶはずだった。球団内には「秋山さんは今年限りでユニホームを脱ぐんじゃないか」とみる向きもあったとはいえ、フロント幹部からすれば電撃的な辞任。球団は慰留を続けたものの、秋山監督は最後まで首をタテに振らなかった。他球団は新体制がほぼ固まりつつあり、後任監督を含めた組閣作業は混迷を極めそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る