• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

合宿回避のツケが…巨人にのしかかるファイナル初戦の黒星

 戦う前から負けていた。15日のセ・リーグCSファイナルステージ初戦。巨人の先発は内海哲也(32)だった。今季7勝9敗の内海は、阪神戦0勝1敗、防御率5.54。4月の初対戦で5失点KOされると、その後は1試合に登板しただけだった。阪神の関係者が意味深なことを話していた。

「内海のクセが分かっている? それは言えないけど、うちの打者は変化球が見やすいらしい」

 初回の鳥谷の先制打、ゴメスの2ランはいずれも変化球を痛打された。ダメ押しの1点を失った三回に浴びた3連打も全て変化球。スライダーとチェンジアップは内海の生命線で、それを阪神打線に狙われた。

 打線も阪神先発の藤浪からわずか1得点。150キロ超の速球に振り遅れるシーンが目立った。

「問題は実戦感覚。相手にはファーストステージの勢いがある。優勝チームは間隔が空く。最初のうちはどうしても打者が差し込まれてしまうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る