合宿回避のツケが…巨人にのしかかるファイナル初戦の黒星

公開日:  更新日:

 戦う前から負けていた。15日のセ・リーグCSファイナルステージ初戦。巨人の先発は内海哲也(32)だった。今季7勝9敗の内海は、阪神戦0勝1敗、防御率5.54。4月の初対戦で5失点KOされると、その後は1試合に登板しただけだった。阪神の関係者が意味深なことを話していた。

「内海のクセが分かっている? それは言えないけど、うちの打者は変化球が見やすいらしい」

 初回の鳥谷の先制打、ゴメスの2ランはいずれも変化球を痛打された。ダメ押しの1点を失った三回に浴びた3連打も全て変化球。スライダーとチェンジアップは内海の生命線で、それを阪神打線に狙われた。

 打線も阪神先発の藤浪からわずか1得点。150キロ超の速球に振り遅れるシーンが目立った。

「問題は実戦感覚。相手にはファーストステージの勢いがある。優勝チームは間隔が空く。最初のうちはどうしても打者が差し込まれてしまうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る