巨人に連夜の快勝も 阪神コーチ陣は来季テコ入れに戦々恐々

公開日: 更新日:

「監督は続投するからいいけど、コーチは必死だよ……」

 阪神のチーム関係者がこうつぶやいた。

 阪神は和田監督の1年契約での続投が決定したが、コーチ陣は話は別だ。V逸したことに加え、来季は優勝が至上命令。親会社は続投の条件にコーチのテコ入れを指示したといわれ、黒田ヘッドコーチをはじめ、投手、打撃の各コーチ、そして平田二軍監督ら二軍首脳陣までその対象になっているという。

 一部スポーツ紙ではOBの佐々木誠氏(現NTT西日本監督)の招聘が報じられた。他球団の編成担当によると、「平田二軍監督はU21の代表監督に専念するらしい」とか、「ソフトバンクは工藤監督就任が決まり、前楽天コーチだった佐藤義則、鈴木康友氏の招聘プランがなくなった。もしや阪神に流れるんじゃないか」との話もチラホラ聞かれる。現コーチ陣は戦々恐々の心持ちでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る