巨人に連夜の快勝も 阪神コーチ陣は来季テコ入れに戦々恐々

公開日:  更新日:

「監督は続投するからいいけど、コーチは必死だよ……」

 阪神のチーム関係者がこうつぶやいた。

 阪神は和田監督の1年契約での続投が決定したが、コーチ陣は話は別だ。V逸したことに加え、来季は優勝が至上命令。親会社は続投の条件にコーチのテコ入れを指示したといわれ、黒田ヘッドコーチをはじめ、投手、打撃の各コーチ、そして平田二軍監督ら二軍首脳陣までその対象になっているという。

 一部スポーツ紙ではOBの佐々木誠氏(現NTT西日本監督)の招聘が報じられた。他球団の編成担当によると、「平田二軍監督はU21の代表監督に専念するらしい」とか、「ソフトバンクは工藤監督就任が決まり、前楽天コーチだった佐藤義則、鈴木康友氏の招聘プランがなくなった。もしや阪神に流れるんじゃないか」との話もチラホラ聞かれる。現コーチ陣は戦々恐々の心持ちでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る