「和田続投白紙」報道から阪神好調 “岡田アレルギー”で反攻

公開日:  更新日:

「『続投白紙』と報じられてから、盛り返してるやないか」

 阪神球団関係者が、ニンマリしてこう言った。和田監督(52)の去就を巡るスポーツマスコミの報道が過熱したきっかけは、6連敗を喫した翌12日付日刊スポーツ「和田続投白紙」の記事。後任候補に阪神、オリックス元監督の岡田彰布氏(56)らが浮上したと報じ、他紙も岡田再登板をデカデカと書きたてるようになった。

 この「続投白紙」報道を境にチームは息を吹き返し、12日以降は10勝6敗。“9月病”といわれて急降下した昨季とはうって変わって、今季9月は12勝13敗。例年は優勝が厳しくなるとズルズルと落ちる傾向があったのに、今年は粘り腰を見せている。

■フロントや親会社にも拒絶反応が

「投打の調子が上がってきたこともありますが、後任監督の最有力候補に岡田元監督が浮上したことが影響しているのではないか」と、さる阪神OBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る