「即戦力投手」から「4番」へ 巨人ドラ1位指名“迷走”の舞台裏

公開日:  更新日:

 巨人は22日、ドラフト会議前日のスカウト会議を開いた。

 参加した原辰徳監督(56)は「1位は最終的に明日(午後)4時に集合して決めようとなった。現状ではこれ以上言えないと理解して欲しい」と口が重く、山下哲治スカウト部長は「最終的に当日の動向を見て決めようとなった。候補は4人に絞ったきのうと同じ。減ってはいない。3、4人の中から決めたい」と当日に決定すると強調した。

 ただ、当日うんぬんはうのみにはできない。指揮官も交えて最終確認をしておいて、前日の「4人のまま」のはずはない。すでに高校通算73本塁打を誇る右のスラッガーの智弁学園・岡本和真内野手(3年)に一本化されているようだ。

 巨人は早い段階から最速156キロの早大・有原航平投手(4年)を1位指名の最有力候補に挙げていた。ドラフト戦略は「何球団と競合しようが、その年の一番実力のある選手を指名する」という伝統がある。その1番人気の即戦力投手がひっくり返った。ある球団関係者は「(白石)オーナーら経営陣の意向のようだ」と明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る