右SB内田復帰決定で露呈…アギーレ日本は深刻な「人材難」

公開日: 更新日:

 アギーレ・ジャパンに「お馴染みの右サイドバック」が戻ってくる。ブラジルW杯後に「代表引退を考えている」と話したシャルケDF内田篤人(26)が、11月の日本代表2連戦(ホンジュラス戦=14日、オーストラリア戦=18日)に復帰することになったのだ。

「内田は2年前から右太もも裏と右膝の故障を繰り返したため、選手生命を考えてブンデスリーガ専念を決めたのです」(在欧サッカージャーナリスト)

■アジア杯はベテラン勢大挙召集か

 しかし、アギーレ・ジャパンの台所事情が、内田の代表引退を許さなかった。アギーレ監督は同じくドイツ組の酒井高徳(23)、酒井宏樹(24)を有力後継者に考え、Jリーグからは新潟DF松原健(21)を抜擢したものの、初陣のウルグアイ戦(9月5日)で先発した酒井宏、途中交代の酒井高は精彩を欠き、同9日のベネズエラ戦にフル出場した酒井高は、やはりパッとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る