狙うはアラフォー2人…今オフも迷走する巨人の「FA補強」

公開日: 更新日:

「ヤクルトの相川とDeNAの金城を本当にFAで獲得にいくなら、ジャンアンツのプライドはなくなってしまったと言わざるを得ない。OBのほとんども、ファンだってそう思うでしょう」

 こう嘆くのは、巨人OBの評論家・高橋善正氏だ。

 CS4連敗でチームをつくり直すという原巨人が、国内FA権を持つヤクルト相川亮二捕手(38)とDeNA金城龍彦外野手(38)の獲得に乗り出すという。

 相川は今季58試合の出場で打率・250、2本塁打、21打点。金城は90試合で打率・200、0本塁打、11打点。来年39歳になる両ベテランが再建の切り札になるとは考えにくい。巨人ナインも「無理してFAなんてやらなきゃいいのに……」とあきれ返っている。

 不動の正捕手だった阿部(35)が来季は一塁にコンバートされる。2年目を迎える小林(25)にシーズンを通してマスクをかぶらせるのは不安というのも分かる。「だからって阿部さんより年上の捕手取ってどうすんの?」と、チーム内外からこんな声が上がるのも当然ではないか。そもそも、なぜ相川なのか。ある球団関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る