• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人入り決定的 ヤクルト相川がはじいた“ソロバン勘定”

 巨人はFA宣言したヤクルトの捕手・相川亮二(38)に、交渉解禁日となる13日に即日交渉を予定している。相川は「一捕手として勝負させてもらえるのであれば」と出場機会を求めて移籍を決断した経緯がある。巨人は正捕手だった阿部が来季一塁にコンバートされる。正捕手候補の小林は来季2年目。相川の巨人移籍は決定的な情勢だ。

 巨人は当初、楽天の正捕手・嶋を調査していた。が、結局FA権を行使せずに残留。相川に方向転換した。相川にとっては面白くない話だろうが、そんな事情は百も承知。アラフォー捕手の方だって「計算」していた。相川と近しい球界関係者がこう言うのだ。

「来年39歳になるわけだから、どこでユニホームを脱いだら一番いいかは考える。メリットがなければ38歳でFA宣言なんてしませんよ。相川はヤクルトの大物OB宮本慎也と強い信頼関係がある。いずれ、宮本政権が誕生すれば、十分にコーチの目はある。もちろん、ヤクルトの中村悠平と争うより、巨人の小林の方が、まだ捕手として勝負できるという計算はあるでしょう。でも、いずれは若い小林に正捕手を譲るであろうことも分かっているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る