• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人入り決定的 ヤクルト相川がはじいた“ソロバン勘定”

 巨人はFA宣言したヤクルトの捕手・相川亮二(38)に、交渉解禁日となる13日に即日交渉を予定している。相川は「一捕手として勝負させてもらえるのであれば」と出場機会を求めて移籍を決断した経緯がある。巨人は正捕手だった阿部が来季一塁にコンバートされる。正捕手候補の小林は来季2年目。相川の巨人移籍は決定的な情勢だ。

 巨人は当初、楽天の正捕手・嶋を調査していた。が、結局FA権を行使せずに残留。相川に方向転換した。相川にとっては面白くない話だろうが、そんな事情は百も承知。アラフォー捕手の方だって「計算」していた。相川と近しい球界関係者がこう言うのだ。

「来年39歳になるわけだから、どこでユニホームを脱いだら一番いいかは考える。メリットがなければ38歳でFA宣言なんてしませんよ。相川はヤクルトの大物OB宮本慎也と強い信頼関係がある。いずれ、宮本政権が誕生すれば、十分にコーチの目はある。もちろん、ヤクルトの中村悠平と争うより、巨人の小林の方が、まだ捕手として勝負できるという計算はあるでしょう。でも、いずれは若い小林に正捕手を譲るであろうことも分かっているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る