巨人入り決定的 ヤクルト相川がはじいた“ソロバン勘定”

公開日:  更新日:

 巨人はFA宣言したヤクルトの捕手・相川亮二(38)に、交渉解禁日となる13日に即日交渉を予定している。相川は「一捕手として勝負させてもらえるのであれば」と出場機会を求めて移籍を決断した経緯がある。巨人は正捕手だった阿部が来季一塁にコンバートされる。正捕手候補の小林は来季2年目。相川の巨人移籍は決定的な情勢だ。

 巨人は当初、楽天の正捕手・嶋を調査していた。が、結局FA権を行使せずに残留。相川に方向転換した。相川にとっては面白くない話だろうが、そんな事情は百も承知。アラフォー捕手の方だって「計算」していた。相川と近しい球界関係者がこう言うのだ。

「来年39歳になるわけだから、どこでユニホームを脱いだら一番いいかは考える。メリットがなければ38歳でFA宣言なんてしませんよ。相川はヤクルトの大物OB宮本慎也と強い信頼関係がある。いずれ、宮本政権が誕生すれば、十分にコーチの目はある。もちろん、ヤクルトの中村悠平と争うより、巨人の小林の方が、まだ捕手として勝負できるという計算はあるでしょう。でも、いずれは若い小林に正捕手を譲るであろうことも分かっているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る