グリエル強奪狙い メジャー複数球団が「亡命画策」の仰天情報

公開日: 更新日:

 巨人―DeNA戦が行われた今月12日の東京ドーム。内野席上方に2人の外国人が並んで座っていた。ジーンズにポロシャツ姿。格好はラフだったが、観光客の野球観戦というには、試合を楽しんでいる様子はない。時折、カバンから手帳を取り出してはメモを取る。頻繁に会話を交わすものの、その顔にはほとんど笑顔がなかった。

「雰囲気からメジャーのスカウトなんだろうなとは思った。でも、巨人にもDeNAにもメジャー挑戦がウワサされる選手はいない。広島前田健太を視察するために来日し、ついでに東京ドームに足を運んだんだろう。その割には、妙に真剣だった気はしたけど」

 とは、その試合のデータを収集するため、ネット裏に座っていたセ球団のスコアラーである。

 スコアラーの見立て通り、2人の外国人はメジャーのスカウトだった。大物日本人が所属するチームの国際担当の責任者とその補佐だったが、しかし、彼らの目当ては日本人選手ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る