グリエル強奪狙い メジャー複数球団が「亡命画策」の仰天情報

公開日: 更新日:

 巨人―DeNA戦が行われた今月12日の東京ドーム。内野席上方に2人の外国人が並んで座っていた。ジーンズにポロシャツ姿。格好はラフだったが、観光客の野球観戦というには、試合を楽しんでいる様子はない。時折、カバンから手帳を取り出してはメモを取る。頻繁に会話を交わすものの、その顔にはほとんど笑顔がなかった。

「雰囲気からメジャーのスカウトなんだろうなとは思った。でも、巨人にもDeNAにもメジャー挑戦がウワサされる選手はいない。広島の前田健太を視察するために来日し、ついでに東京ドームに足を運んだんだろう。その割には、妙に真剣だった気はしたけど」

 とは、その試合のデータを収集するため、ネット裏に座っていたセ球団のスコアラーである。

 スコアラーの見立て通り、2人の外国人はメジャーのスカウトだった。大物日本人が所属するチームの国際担当の責任者とその補佐だったが、しかし、彼らの目当ては日本人選手ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る