釜本邦茂氏が見た豪戦 「香川と本田と岡崎には注文がある」

公開日: 更新日:

 アギーレ日本の今年最後の試合、オーストラリア戦(18日)を見ながら「W杯が終わった後の代表選手の入れ替えの難しさ」を痛感させられた。

 それは日本代表だけではない。オーストラリア代表にも言えることだ。

 後半途中からMFブレシャノ、FWケーヒルの34歳コンビが出てくるなど、世代交代がスムーズに進んでいるとは言い難い。試合を通してオーストラリアの持ち味であるパワフルなプレーは見られず、攻守にわたって手探り感が漂っていた。

 日本代表の場合、34歳のMF遠藤がプレーしていた前半の戦いぶりが気になった。

 なかなか中盤でボールをつなぐことができず、それが原因で苦戦を強いられた。やはり日本は、中盤でボールが回ってナンボ! 前半の45分限りで遠藤に交代が告げられたのも、遠藤自身のプレー内容を考えると致し方ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  6. 6

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  7. 7

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る