チームは豪に快勝も“蚊帳の外” ますます薄まる香川の存在感

公開日: 更新日:

 アギーレ・ジャパンにとって6戦目となるテストマッチ(18日)は、来年1月9日開幕のアジア杯の前哨戦となった。

 相手は、アジア杯の開催国オーストラリア。世界ランクは、日本の52位に対して94位と低迷しているが、対戦成績は7勝8分け7敗の五分。決して侮れない相手に日本代表は、2―1で逃げ切って年内ラストゲームを白星で締めくくった。

 前半はオーストラリアのペース。後半から登場したMF今野泰幸(31)が61分、先制点を決めると流れが変わり、68分にFW岡崎慎司(28)が右足ヒールの絶妙シュートを決め、これが値千金のゴールとなった。

「11月の2試合は勝ちに行く」と話していた指揮官は、試合後に「良い結果を得た。アジア杯のタイトルを守れるように頑張る」と頬を緩ませながらコメント。14日のホンジュラス戦に続いての2連勝に上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  8. 8

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  9. 9

    東出昌大の“棒読み”も凌駕する 三島映画の白熱議論シーン

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る