チームは豪に快勝も“蚊帳の外” ますます薄まる香川の存在感

公開日: 更新日:

 アギーレ・ジャパンにとって6戦目となるテストマッチ(18日)は、来年1月9日開幕のアジア杯の前哨戦となった。

 相手は、アジア杯の開催国オーストラリア。世界ランクは、日本の52位に対して94位と低迷しているが、対戦成績は7勝8分け7敗の五分。決して侮れない相手に日本代表は、2―1で逃げ切って年内ラストゲームを白星で締めくくった。

 前半はオーストラリアのペース。後半から登場したMF今野泰幸(31)が61分、先制点を決めると流れが変わり、68分にFW岡崎慎司(28)が右足ヒールの絶妙シュートを決め、これが値千金のゴールとなった。

「11月の2試合は勝ちに行く」と話していた指揮官は、試合後に「良い結果を得た。アジア杯のタイトルを守れるように頑張る」と頬を緩ませながらコメント。14日のホンジュラス戦に続いての2連勝に上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る