釜本氏が本田に苦言 「サボらないでフルパワーでプレーを」

公開日: 更新日:

 アギーレ体制3戦目のジャマイカ戦(10日)の得点が、オウンゴールによる1点だけだったとしても、初勝利でアギーレ監督もホッとしたことだろう。まずは「おめでとう」と伝えたい。

 試合内容は……シュート20本で流れの中からのゴールが0本。何度も決定力不足を嘆いてきたが、ジャマイカ戦に関しては前半33分のMF本田圭佑(28)のループシュートが決まっていれば、日本代表はグッと流れをつかんで3点目、4点目が決まっていただろう。

 相手GKと1対1になった本田には、いくつかの選択肢があった。利き足の左足で強烈シュートを見舞うか、それとも相手GKをかわしてゴールに流し込むか――。本田はGKの頭越しにループシュートを選んだ。

 ジャマイカ戦の前に本田が「日本代表が進化するためにゲームメークに関与しようとせず、前線で勝負して相手の脅威になりたい」という趣旨のコメントを発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る