S・ルイス賞金女王 LPGAに「米国スポンサー」は戻るのか

公開日:  更新日:

 米女子ゴルフツアー(LPGA)は、米国のステーシー・ルイス(29)が賞金女王に輝いた。朴仁妃の3年連続にストップをかけ、米国選手としては21年ぶりの頂点に立った。

 ルイスは賞金ランキングの他に、平均ストロークも2年連続の1位(69.53)。「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも2年ぶりに返り咲いた。

「(賞金女王は)いつか必ず取りたい賞だった。来年はもっと優勝争いをして、メジャーに勝つためにしっかり練習する」といったルイス。彼女の活躍により、ツアーに変化が見られることを期待する米国ファンは多い。

 米女子ツアーはアジアなどの海外選手、とくに韓国選手が圧倒的に強く、嫌気の差したスポンサーが続々撤退。メジャーからもクラフト・ナビスコ、マクドナルドなど、米国を代表する企業が手を引いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る