右肘は「異常なし」も…ダルが抱える来季唯一の“不安材料”

公開日:  更新日:

 最悪の事態は免れた。右肘違和感でシーズン終盤を棒に振ったレンジャーズのダルビッシュ有(28)のことだ。

 本拠地アーリントンに滞在しているダルは25日(日本時間26日)、市内の病院で患部のMRI検査を受け、チームドクターから「異常なし」と診断された。今後は球団が用意したリハビリメニューをこなし、12月上旬にも投球練習を再開する見込みだ。

 右肘の状態は靭帯を部分断裂したヤンキース・田中将大(26)ほど深刻ではないし、来季の開幕にも十分、間に合う。強いて不安材料を挙げるとすれば、女房役との相性くらいか。

 現在、レンジャーズのロースターに名を連ねている捕手は3人。そのうち正捕手候補はメジャー4年目のロビンソン・チリノス(30)だ。ダルは昨季、チリノスと3試合バッテリーを組んで防御率は4.67。明らかに相性が悪かった。トマス・テリス(23)、ジョージ・アルタロ(21)の2人はルーキーだけに、リード面は未知数だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る