メジャー話の“封印”解いた日ハム大谷 来季起用法に大胆発言

公開日: 更新日:

「最初に僕がメジャーに行きたいと思った時は投手として評価してくれた。でも打撃も評価していただけるのならやってみたい」

 27日、こう言って堂々と近い将来のメジャーでの二刀流挑戦希望を明かしたのが日本ハムの大谷翔平(20)だ。

 この日、都内ホテルで行われた「ジョージア魂賞」の表彰式に出席。「年間大賞」に輝いた後のトークショーの席で、「特別賞」に選出された中日・山本昌(49)に「メジャーに行っても二刀流を続けるのか?」と問われ、即答したのである。

 大谷は日本ハムに入団以降、周囲への配慮もあってメジャー話を封印。報道陣に質問されても意図的にかわしてきた。それが一転して、自らメジャーを口にしたのは、球界の大先輩からの「直球質問」だけが理由ではない。今季の栗山監督の起用法に不満があったからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る