疑われた挑戦の“本気度” メジャーで「オリ金子株」が大暴落

公開日:  更新日:

「本気で行きたかったのかな? という疑問はありました」

 今オフ、入札制度によるメジャー移籍を断念したオリックスの金子千尋(31)について、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「金子がシーズン終了後にメジャーに行きたいと言い出したのは唐突な感がありました。過去に金子のようなケースはありません。ダルビッシュ、田中、岩隈らはみな代理人を通すなどして早い段階でメジャーの各球団に挑戦の意思表明をしていた。そして、米国の各メディアが毎年夏ごろに発表する『FA選手トップ50』などに名前が出ると、メジャー球団が獲得する意思があるのが分かるんです。ただ、金子の名前は最後まで出てこなかった。広島の前田健太をレッドソックスのクレイグ国際スカウト部長が視察したように、20億、30億円クラスの大型契約を結ぶような選手は、必ず球団の幹部クラスが日本で実際に投球を確かめるもの。金子については、メジャーのそういう動きも聞かなかった。挑戦するにあたっての『段階』を踏んでいなかったからでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る