疑われた挑戦の“本気度” メジャーで「オリ金子株」が大暴落

公開日:  更新日:

「本気で行きたかったのかな? という疑問はありました」

 今オフ、入札制度によるメジャー移籍を断念したオリックスの金子千尋(31)について、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「金子がシーズン終了後にメジャーに行きたいと言い出したのは唐突な感がありました。過去に金子のようなケースはありません。ダルビッシュ、田中、岩隈らはみな代理人を通すなどして早い段階でメジャーの各球団に挑戦の意思表明をしていた。そして、米国の各メディアが毎年夏ごろに発表する『FA選手トップ50』などに名前が出ると、メジャー球団が獲得する意思があるのが分かるんです。ただ、金子の名前は最後まで出てこなかった。広島の前田健太をレッドソックスのクレイグ国際スカウト部長が視察したように、20億、30億円クラスの大型契約を結ぶような選手は、必ず球団の幹部クラスが日本で実際に投球を確かめるもの。金子については、メジャーのそういう動きも聞かなかった。挑戦するにあたっての『段階』を踏んでいなかったからでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る