メジャー先送りのオリ金子 日本人選手への“風当たり”懸念か

公開日: 更新日:

「早い時期に見つかって手術、リハビリをすることで、もっと良い状態の自分を見せられると思っている」

 オリックスからFA宣言した金子千尋(31)が25日、今月中に右肘遊離軟骨除去手術を受ける方針を明らかにした。

 しかし、本人が「複雑な場所にあるわけではなく、早く手術を受ければ早く復帰できるという判断」と軽傷を強調するように、右肘遊離軟骨の除去が今オフのメジャー挑戦を断念した直接の理由とは思えない。「一般的に全治3カ月」とオリックスの瀬戸山球団本部長も話している。

 それより何より、今オフのメジャー挑戦を見送ったのは「米国内の機運が関係している」という指摘がある。先の中間選挙でオバマ大統領率いる民主党が惨敗し、24日には黒人青年を射殺した白人警察官が大陪審で不起訴になった。


 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が「中間選挙の結果も含め米国社会全体が保守化しているのは事実です」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る