メジャー先送りのオリ金子 日本人選手への“風当たり”懸念か

公開日:  更新日:

「早い時期に見つかって手術、リハビリをすることで、もっと良い状態の自分を見せられると思っている」

 オリックスからFA宣言した金子千尋(31)が25日、今月中に右肘遊離軟骨除去手術を受ける方針を明らかにした。

 しかし、本人が「複雑な場所にあるわけではなく、早く手術を受ければ早く復帰できるという判断」と軽傷を強調するように、右肘遊離軟骨の除去が今オフのメジャー挑戦を断念した直接の理由とは思えない。「一般的に全治3カ月」とオリックスの瀬戸山球団本部長も話している。

 それより何より、今オフのメジャー挑戦を見送ったのは「米国内の機運が関係している」という指摘がある。先の中間選挙でオバマ大統領率いる民主党が惨敗し、24日には黒人青年を射殺した白人警察官が大陪審で不起訴になった。


 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が「中間選挙の結果も含め米国社会全体が保守化しているのは事実です」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る